興南学園ブログ
  1. 高3生が中1生へ俳句の授業

2019年01月08日

高3生が中1生へ俳句の授業

全国俳句甲子園で興南俳句部主将としてチームの大活躍を牽引した安里君(興南高校3年生)が、中学1年生へ俳句の授業を行いました。安里君は昨年、沖縄県知事賞を受賞したりと県内、全国でトップクラスの俳句の実力者。俳句とはどういうものかを熱く語る姿は高校生ではなく、教員であり俳人。肉まんやパンを題材にした俳句の鑑賞では大盛り上がり。「高校生が先生」といういつもと違った雰囲気の中で、生徒たちは新しい発見があったようです。興南俳句部は全国俳句甲子園で個人で最優秀賞&優秀賞、団体ベスト8を受賞しています。

俳句を熱弁する安里君

俳句とは何なのか

指導姿は教員そのもの

資料請求

ページのトップへ