興南学園ブログ

2018年07月23日

100回目の夏へ

7_31 甲子園へ出発

いよいよ甲子園へ出発!
本日、12時30分より那覇空港にて野球部甲子園出発の壮行会が行われ、野球部は甲子園の出発の準備が整い、14時に出発しました。沖縄県代表として、応援していただく多くの方々の期待に応えられるように部員たちが全力でがんばってくれる姿を見るのが楽しみです。
野球部員ひとりひとりが甲子園でも大活躍することを期待に沖縄から声援を送ります!
ちばりよ~興南高校!

これからも部員たちの現地での様子を随時更新していく予定ですのでご覧ください。

甲子園への決意を固める

壮行会の様子

7_31 那覇空港へ出発

ジリジリと照りつける太陽は真上に差しかかり、一層の暑さを与えてくれる。
7月31日、時刻は11時を回った。
興南ナインが、いよいよ甲子園の舞台を目指し出発する。
空港では県高野連の壮行会がある。搭乗そして関西では沖縄県人会の
歓迎を受けることだろう。
いよいよ始まる夏の甲子園。選手らには最も長く、
そして100回目の記念する大会を熱く熱く経験してほしい。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 野球部壮行会

平成30年7月27日(金)に本校第一体育館にて野球部甲子園出場の壮行会を行いました。
関係者、保護者、教員など大変多くの方々に参加していただき感謝の気持ちでいっぱいです。
誠にありがとうございました。
会につきましては、興南高校ダンス部による激励甲子園ダンスや野球部主将中村匠平と我喜屋優監督(校長兼理事長)の挨拶や関係者の方々の激励のお言葉などがあり、終始和やかな雰囲気で執り行われました。
本日の会によって野球部員たちは、より一層気が引き締まったことでしょう。
甲子園という全国の大舞台で部員一人一人が飛躍することを祈っております。
ちばりよ~興南高校!!!

優勝メンバー

我喜屋監督の挨拶

ダンス部による甲子園ダンス!

甲子園出場!!

例年、全国で一番乗りを決める沖縄県大会も台風等で延びた7月23日。
対糸満決勝戦は、全校応援体制で三塁側応援スタンドをオレンジに染める。
投手宮城大弥(2年)は緩急を使い分け糸満打線を封じ、
5-0で2年連続12度目の夏の甲子園出場を決めた。

優勝報告会

夕方、体育館では、父母、教師、生徒らが詰めかけ、県大会優勝旗と優勝楯を掲げるナインを出迎える。
第50回の甲子園大会で興南旋風と湧いたナインに我喜屋優主将(現監督)がいた。
第100回の記念大会、どこよりも甲子園に出たいという強い思いがあった
と、報告会の挨拶で語った。
春夏連覇を果たした経歴があるだけに、ナインの活躍には熱い想いを抱いてしまう。
甲子園球場のアルプスをオレンジ色で埋め尽くす日を一戦一戦に託したい。

資料請求

ページのトップへ